sissy



都会の夜景と酒を愛してます
ただの酔っ払いの殴り書き

あたしはスケベで
自由気ままで
あなたの男友達のような
女友達だよ

あまりにも
知り合いに教えすぎて
自爆中

100年の眠りから覚めました
どうもsissyです

JAPAN TIME

NEW REPORTS

NEW COMMENTS

NEW TRACKBACK

KATEGORIE

POSTMAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

ADD

ADD TO FRIEND

BLOG BANNER


ちょっと浮かれすぎた
きられないぶろぐ
KILLERLEGS PLAYLIST.COM


[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20071105]
自民党というところはほんとうに怖いところだと思う。
いまとなってはどちらが持ちかけたのか、この際そんなことはどちらでもいい大連立問題から一夜にしての小沢一郎の辞任騒ぎ。
結局蓋を開けてみれば大きなダメージを被ったのは民主党なのであり、密室での党首会談を持ちかけた福田自民党のほうはといえば肉を切られることもなく骨を絶ったというところ。
午後のニュースでは鳩山幹事長が前日「辞職願は受け取っているが受理するつもりはない」と話したとおり「小沢留任」の一報。
そりゃそうだ。
小沢一郎のいない今の民主党が政権を奪えるとは思えない。
そして残念ながら自民党の仕掛けたゲームに負けた小沢民主がいまさら政権奪取することももうないだろう。
でもなぜ生まれながらの政治家、豪腕、そして策士と呼ばれた小沢一郎ほどの人物がこうまんまと自民党の策にかかったのか。
今朝の新聞で田原総一郎が「小沢さんの辞任表明は一言で言えば、民主党の素人集団に愛想が尽きたということ。(中略)大連立の話は菅さんと鳩山さんには事前に話し、OKを取り付けていたと思う。まとめられると思って持ち帰ったらまとめられなかった。民主党のみんなを振り切っても小沢さんについていこうという度胸がなかった。(中略)それをわかっていなかった小沢さんも甘かった」
わたしの言いたかったことは全国紙の新聞で先に田原さんに言われてしまったということです。笑
ようするに自民党は勝手に崩壊していく民主党を傍から見ていただけだったということ。
ではなぜ小沢一郎は大連立に踏み切ろうとしたのか。
それはまさしく民主党が今後近い内に行われるだろう衆議院解散総選挙で勝つことが出来ないと踏んだからだろう。
参議院選挙は民主党の圧勝だった。
でもそれは安倍内閣だったからだ。
そして安倍内閣のまま解散総選挙を迎えたらどうだろう。たぶん民主党が与党第一党になっていたと思う。
でも内閣総理大臣は福田さんに代わり、自民党の風向きが変わった。
ここで総選挙を迎えれば
「正しいことを言い続ければ必ず国民は着いて来る」民主党と「選挙はきれい事だけでは勝つことが出来ない」ということを知っている自民党との差は歴然のはずだ。
ここで少し話は反れるんだけど、前回の参院選の比例代表の結果を見てみると、党の名前が書かれたほうは圧倒的に民主党のほうが多い。
しかし個人の名前が書かれたのは圧倒的に自民党なのである。
安倍さんじゃちょっとなんだから民主党にしよう。
といっても民主の誰かと言われてもいまいちぴんとこないから比例は「民主党」と書いておこう。
これで民主党が票を稼いだというわけである。
そりゃあ横峰なんたらも開票15分で当確が出るわ。
大敗を喫した自民党ではあるが、比例で多くの名前を書かれたというのは強みである。
「お世話になってる代議士先生に票を入れる」
「あの社長ははあの代議士先生にお世話になっているから票をいれる」
「あのひとにはお世話になってるから頼みを断る理由はない」
自民党にはこういう具合の基盤があり、そこにピラミッドを形成しているというわけである。
前回の参院選で「安倍さんじゃなんだから~」と比例に民主と書いた国民は、次は簡単に比例に「自民」と書くことが出来るのだ。
選挙というのはあたしのようなピラミッドの底辺にいるような人間には気づきにくいが利害関係がものを言う。
そんなときに「正しいことを言い続ければ必ず国民は着いて来る」的なスローガンを抱えて戦いに挑もうとする民主党はどうなんだろうか。
そんな考えのままでいたら政権を獲る日は永久に巡ってこないだろうと小沢一郎は考えたんではないだろうか。
あたしは与党は自民党でなくてもいいといつも考えている。
かといって政権を奪うのは民主党でなきゃいけないとは思っていない。
ただそのチャンスが民主党にはあった。だからこそ民主を応援していたのに、ここにきて本当に残念な思いでいっぱい。
民主党を見限った感じを受ける小沢一郎がこの先どう動くのか。
党を離れるのか、それとも残るのか、どちらにせよ民主党は民主党の中のたったひとりの「政治屋」を失ったことには変わりない。


スポンサーサイト
[20060223]
seeya.jpg


あたしは
楽園を探す旅に出てきます


しばらくブログお休みします


今までここで出逢ったたくさんのあたしの友人達に愛と感謝



君に逢えたことはあたしの宝物だよ



すげー速さですげーイイ女になって速攻帰ってくるけどね



じゃあね



[20050701]
97killer.jpg


sissyですきょんばんわ


ブログは3つ目です
単独ブログとコラボブログやってました


それだけやってりゃ充分だろって
あたしもそう思うんですが
気付けばどこにもホンネを書けなくなってしまいました



晒して楽しいホンネなんて正直一切ないんですが

ですがここがあたしの

脳内楽園


HOME
copyright © 2005 きられないぶろぐ all rights reserved.
RSS1.0 ,
CALENDER

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

THANX

過去ログ

LINK

8831gifbl.gif

LINK2

このブログをリンクに追加

RSS

BLOG SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。