sissy



都会の夜景と酒を愛してます
ただの酔っ払いの殴り書き

あたしはスケベで
自由気ままで
あなたの男友達のような
女友達だよ

あまりにも
知り合いに教えすぎて
自爆中

100年の眠りから覚めました
どうもsissyです

JAPAN TIME

NEW REPORTS

NEW COMMENTS

NEW TRACKBACK

KATEGORIE

POSTMAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

ADD

ADD TO FRIEND

BLOG BANNER


ちょっと浮かれすぎた
きられないぶろぐ
KILLERLEGS PLAYLIST.COM


[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20050731]
CIMG1648killer.jpg


NellyとKelly Rowlandの「dilemma」が
クラブでヘヴィーローテでかかってた時期
「ここでオトコと踊ってないオンナはオンナじゃない」
ってくらい冷めた目線で見られる中
安いオトコと踊るくらいなら安酒んでゲップしてたほうが100倍マシ
だとクソみたいなプライドを持って
あたしとdilemmaを踊るパーフェクトが現れるのを待っていた訳だけど

結局首筋の匂いを嗅ぎながら踊るパーフェクトが現れる前に
dilemmaブームは過ぎてたってオチ

その直後にアリシアとUsher君の「My Boooooo」ブームが来て
「ここでオトコと踊ってないオンナは腐った魚」
みたいな目で見られる中
お前が踊ってるブラックなんかより
あたしが飲んでる酒のが100倍セクシー

だと、やっぱりクソったれたプライドを持って

結局酒を啜ってる間に「My Boo」ブームは下火になったってオチ

あたしは独りがいい
こんな自由はない
誰のもんでもなくてあたしのもんだ
あたしがしたいことはあたしが決める
誰かに依存するのもされるのも趣味じゃないし
心の中を晒すのも求められるのも
ガッデムシット!SHIT!SHIT!オーウ OHHHH SHIT!
HOOOOLY SHITT!!!!
な人間なのに

好きなダンスも曲によっちゃーひとりじゃ踊れないんですよ

キスもひとりじゃ出来なくて

耳元でうざいことを囁きたくても
自分の耳じゃ遠すぎる

「もしもし?sissyi?聴こえてる?君が欲しいよってバカ。エロいね」
ってお前がばか

ひとりじゃ出来ないことって案外いっぱいあるんですね

自分はこうじゃなきゃダメなんだって
一体誰がそう言ったんだよって感じですが
そういうクソ虚しいプライドが
たまに思いっきりあたしの邪魔をしてきます

あたしがもう少し可愛気のあるバカだったら
もうちょっと人生楽なのかな
と思った今日この頃

ってなんじゃこりゃ
寝ましゅ



スポンサーサイト
[20050729]
108killer.jpg


旅に出たくなると
地図を広げる前にスーツケースを広げて旅支度から始める
確実に順番が間違っているsissyですどうもこんばんわ

引越しをしようと思い立つと
部屋が決まる前に荷造り終える自信があります

スーツケースの持ち手に
「NRT」
とプリントされたカードがぶら下がってますが
出国の際
スーツケースなんかをを預ける時にくくりつけられるやつです
それについて特になんの疑問も抱いたことがなかったんですが
「NRT」って「NARITA(成田)」の略だったんですね
ははは
「LAX」
こちらはロサンゼルス国際空港
(Los Aangeles International Airport)の略ですが
「NARITA」「NRT」ってなんか安易でかっこ悪いですね
ははは

羽田も韓国行きの国際線が出てます
あたしもソウルへは羽田から行ったんですが
「HND」
だったかどうかは覚えてません
「HND」
新種のワクチンみたいで笑えます
もしくは「中国で猛威を振るうHNDウィルス」みたいな
ははは
ばかですね

ネタではなく
韓国は空港に降り立った瞬間にキムチの匂いに出迎えられます
ハワイはコパトーンの匂いですよね
ニューヨークは無臭です
各家庭にオリジナルの匂いがあるように
各国にもオリジナリティー溢れる匂いがあるんですね
しかもそんなフレーバーがあることに
そこの国の住人達は気付かなかったりします

アメリカ人の友人に成田に着いた際にどんな匂いがしたのかと聞いたら
「醤油の匂いがした」
と言ってました
なるほどね
オシャレ感ゼロですね
キムチに次ぐダサさです

そういうわけで
今日も狂ったようにファブリーズを部屋中に撒き散らすsissyでした






ないものねだりちゅーか
補ってもらおう精神が強いので
知的な人は大好きです
オモシロイのに知的
どっか抜けてるが知的
優しい知的
変態的知的
知的てきてきチテキッス
「The monster of a network」のモンスター相澤ちゃんデス


[20050729]
53killer.jpg


今日は絶対お酒飲まない

今決めた

っていうか
金がないから飲めないっていうのが本音

ワインだけは死ぬほどあるんで
とりあえず今からベランダに出て
ソムリエナイフを遠くに投げ捨てようと思います


[20050729]
CIMG1611killer.jpg


「さて、一杯引っ掛けに行くか」
と部屋を出ようとしたら
財布の中に300円しか入ってませんでした
しょうがないから貯金箱を破壊すると1500円ほどあったんで
1800円の小銭を握り締めていつものバーのカウンターに

「これだけ飲ませて」
と小銭を広げると
「sissy駄菓子屋に来た子供みたいだよ」
と言われました
確かに


近所の駄菓子屋が
近所のバーに変わっただけです
どっちもあたしの胸を躍らせる存在です


オトナになっても
子供の頃に通った駄菓子屋クラスの遊び場があるっていいもんですね

あほか

小銭しか持ってないあたしが相当不憫だったのか
カウンターのあきくん(仮名、いや実名)が
ハーパーをダブルの量で出してくれました
ついでにメーカーズマークもこっそりタダで飲ませてくれました


貧乏って素晴らしい


貧乏ライフを満喫していると
ふらり友人がやってきて
コーラと自家製ビーフジャーキー食い始めました

「1本おくれよ」
と言うと2本もくれました
しばらくするとモッツァレラチーズとトマトのサラダが出てきたんで
「1口おくれよ」
と言うと2口もくれました
もうしばらくするとマルゲリータピッツァが出てきたんで
「1枚おくれよ」
と言うと
「やだって言ったって食うだろ。食えよ」
って言うんで
トイレに行ってる間に全部食ったら超怒られました

ぐすん

それでも
貧乏って素晴らしい

財布の中身は43円
あたしの幸せプライスレス

昨夜は結局帰宅してから
ワイン片手にわけわかんなくなって寝たんですが
すげー貧乏になって苦しんで泣いてる夢を見ました
起きたら枕が濡れてるんで
泣くほど悲しかったのよね
と思ったら
ワインがこぼれてました

今度は本気で泣きながらシーツと枕洗いました






あたしは結構色んな方のブログを見ます
FC2だけでも15万件のブログ登録数だって言うのに
意外と「コイツオモシレー!」と思わず唸るようなブロガーさんに
なかなか出会えないもんです
あたしの自慢のひとつに
ここでリンクさせてもらってる方々は
揃いも揃ってなぜかみんなクソオモシロイちゅーのがあります
「1986567代目 中村土下座エ門」
なんじゃこりゃ!
アホだ!
このプロフィールだけで危うく撃たれそうになりました
土下座エ門の「根腐れ草」
むかつくくらいオモシロイです


[20050728]
CIMG1525killer.jpg


二日酔いで死んでます

ビールのコマーシャルに強い拒否反応起こします
「ぷはー!」
じゃねえよ!

どろどろに溶けたアイスクリームみたいな状態で
過剰な水分補給を繰り返し
朝からベッドにへばりついていたんですが
お腹は空くんで高島屋のオリーブハウスまで行ってきました

先週タイ旅行から帰国した友人の話しを聞いてるフリをしながら
昨日どんだけ飲んだのか必死に思い出そうとしてたんですが
結局3軒目までしか思い出せませんでした

彼女とは昨夜23時過ぎまで
一緒に食事をしながら飲んでたはずなんですが
彼女のむかつくくらい涼しげな顔を見ると
別れて真っ直ぐ帰宅した人間
別れたあとに捕まえたタクシーで2軒目のバーに向かった人間

違う人生歩んだな
としんみり思いました

さっき
今朝送ってもらったマンションの前で
かなりどうでもいい奴とキスしてたことを思い出して崩れ落ちました

もーやだ
そいつから着信3件くらい残ってます

すいませんが忘れてください

オリーブハウスでは
ポテトとグリーンサラダ
カニクリームのパングラタン
ツナとアスパラのトマトパスタが乗ったランチプレートを
「無理だ。食えない。吐きそうです」
と言いながら結局全部食べてました

シーチキンてツナなのチキンなの?

ははは


ばか







自分のブログは全く更新しないが
毎晩そこら中をうろちょろしている
「olive●●●」のPANちゃんです
素晴らしくいいキャラしてます


[20050727]
CIMG1604killer.jpg


目が覚めると
今日はどこに行こうかな
なんてベッドの中で考えて


何を食おうかな
とシャワーを浴びながら考える


クロゼットに顔を突っ込みながら
「服はあるのに着る服がない!」
と引っ掻きまわし


今日は誰に嫌がらせをしてやろうかとか

誰を悦ばしてやろうとか

誰をからかおうとか

誰をビビらせようとか考えて


冷蔵庫に顔を突っ込んでなにを飲もうか考える


CDバッグを広げてなにを聴こうか考える


そんで最後に地球儀見ながらどこに行こうか考えながら寝る


酒飲みながらわけわからなくなって寝る


「松岡修三がモントリオールにいるんだった」

そう思ってアフリカ大陸を指差しながらモントリオールを探して

見つからないから寝る



酒に漬した脳味噌で



一生懸命色んなことを考えていませんでした。笑



FAITH EVANS
THE FIRST LADY
888.jpg

今日のはよ寝ろCD

故Notorious P.I.G(B.I.G)の元ワイフ様
出たてはどこにでもいるR&Bシンガーだと
叩かれる要素もなかった彼女ですが
ここ5年くらいで彼女ならではの音ちゅーか
雨音みたいな心地良い歌声確立してます
MJBみたいな力強さはないし
アシャンティみたいなスター性もないけど
流行に流されない独自のR&B感が飽きないんで
とりあえずどのアルバムもヘビーローテです




最近こんなクソブログに遊びに来てくれる方が増えてきて
とっても嬉しいです

あたしの一番最初のお客様
Jミーの[気になる写真]
一番美味しいところは彼がひとりで頂いてるので
やっぱり「気になる」止まりで
ぐは!


[20050726]
CIMG160killer.jpg


地震と貧乏は大嫌いですが
台風はそんなに嫌いではないsissyですこんばんわ

いっそのこと商店街の看板と一緒に
あたしもどこか遠くへ吹っ飛ばしてもらいたい気分です

さっき680円のカベルネ・ソーヴィニヨンをコンビニで仕入れてきたんで
ベランダに椅子を運んで
「台風の目でも見てみてーもんだな」
なんつって呑気にワインを飲んでいたら
突風が吹いて一瞬でびしょびしょになりました

ははは
ばかです

ところで去年アメリカでは
「アイバーン」
という名のハリケーンが大暴れしてましたが
もともとアメリカでのハリケーンの名前は
女性の名が付けられていたそうです
「アイリーン」「ビクトリア」「キャロライン」
こんな感じで1年の最初のハリケーン(1号)は頭文字がA
アルファベット順に付けられていたそうです

天災と女性には歯が立たない
つー訳ですよ
ふ、深い

最近では男性の名前が多いように感じますが
今は直接ハリケーンの影響を受ける国々が輪番で付けているようです
やっぱり名付け親はオンナなんでしょうか

このハリケーンの名前あたしが付けたのよ!
前のダンナの名前よ!
ほら!
ちっちゃくてどこの国にも入れないうちに萎んで消えちゃったわ!


なんつってる奴がいたらオモシロイです

「アイバーン」然り
つい最近アメリカに上陸したハリケーンは「コービー」でした
NBAのスター選手が続々とアメリカに帰還しています

これからベランダに
捨てたくても捨てられなかった物を並べようと思います

捨てたんじゃないの!捨てたんじゃないの!
飛んでっちゃったの!
金銭借用書!


ははは
ばかでほんとにすいません


[20050724]
20120killer.png


朝一番の電話で
「一緒にハワイにいる夢を見た」
と言ってた

今日最後の電話で
「今日はモナコに行く」
と言ってた

かわいい

死ねる



誰かザオリクして


おねがい




[20050723]
午後の地震で
もーぴよぴよ
ショック死するかと思いました

とりあえず早いところ東京から脱出しようと
荷造りをはじめているsissyですどうもこんばんわ

クロゼットから
ありったけのスーツケースやボストンバッグを引っ張り出して
ジュエリーや化粧品やドライヤーや下着やヒールを
手当たり次第放り込んでるんですが
全部持って逃げることが出来ないことに気付いて絶望しています

クマのプーさんは蜂蜜の壷に手を突っ込んで
握った手を開かないもんだから
「手が抜けないよー」
と泣いてましたが
今度デカイ地震がきたら
あたしは運びきれない宝物を抱きしめ
「持てないよー」
と泣きながらあっさり死にそうです

あたしはアニメのクマ以下かよ

あたしのマンションは
あとマグニチュード2が限界のようです
ミシミシいってました

東京から脱出するか
耐震性の高いマンションに引っ越すか
あとでゆっくり決めます

それから
今後いつ地震が来ても困らないように
部屋でダサイ格好でくつろぐのはやめにします



[20050722]


長い!


太い!


硬~い!



「長い!太い!硬~い!」



「長い!太い!硬~い!」




「やっべーうまそー!」



と大絶叫しながら
パン屋でバゲットを3本も買ってしまいました

バゲットはすぐに食べないと味が落ちるんですが
うちでバゲットパーティ開く予定はございません

保存のために今黙々とパイプカットしています

CIMG1587killer.jpg


フレンチトースト
オニオングラタンスープ
バターを塗って喰う
ジャムを塗って喰う
公園のハトにやる


以外のバゲットを美味しく頂けるレシピをご存知の方
バカなオンナを救ってください


ははは


えーん



[20050722]
wed-ds-kiss.jpg


8月にあたしの親友の結婚式があります
彼女はあたしに次いで「結婚が似合わないオンナ」
数ヶ月前親友数人とバーでダラ飲みの最中
突然の結婚報告に一同騒然

籍を入れてからの妊娠発覚だそうで
あたしにゃ関係ないが
嬉しくて嬉しくて
叫びながら近所を走り回りたい気分です

妻になったうえにママにもなるなんて
贅沢なオンナですよ

そんなこんなで昨晩はスタイリストとネイリストの友人と
近所のバーでこそこそミーティング

この歳になると結婚式は生きるか死ぬかの戦場です
チョイスした戦闘服は
今年の春に挙げた男友達の結婚式で着て
新郎新婦の親戚中のおっさんを黙らせた
尻まで開いたバックレスの黒いドレス

その節は新婦に殺されそうになりましたが
今回は本当に撲殺されそうです

アクセサリーはピアスのみの美肌勝負
髪はシンプルな夜会でまとめて
ヒールはシンプルなヌードヒール
爪はペディキュアと揃えてアクリルのフレンチスカルプに決まりました

チームsissy
いい仕事します

なんでしょうか
結婚式の参列っていうと最近はドレスが主流ですけど
たまにナイロンシースルーのショール肩からかけてる方いますね
あれは一体なんなんでしょうか
あれ相当イケてない
それから美容室に行くのはいいんですが
逆毛を立てて鬼太郎並に妖気を感じちゃってるような
逆毛ピヨピヨアップ
あれもかなりイケてませんね

逆毛で妖気を受信してる場合じゃないですよ
女性は色々なものを見て
たくさんの本を読み
美味しいものをたくさん食べて
色々なものに触れて
常に前を向いて色々なものを感じると
自ずとスタイリッシュになっていくものだと思います

なにが言いたいんだかわかりませんが
自分のスタイルをミーティングで決めてるようなオンナに
なにを言われても説得力はないちゅー話し

わはは

ちなみに結婚式では友人代表の言葉をまかされました
ははは
ばかですねー
結婚式に離婚したいんですかね彼女は

とりあえず酔っ払って引き摺られて退場が理想です


[20050722]
CIMG1592killer.jpg


昭和の香り漂うレトロな天井いい感じ

二日酔いのカラダを引き摺って
ふらりふらりとうなぎ屋ののれんをくぐる

「おばちゃんうな重。あとビールも」

20050722163652.jpg


完食


[20050721]
今日も電車でおばあさんに席を譲る
いちいち優しいsissyですこんばんわ


「あ、すぐ降りますから」


と言いながらも
おばあさんの目の前のつり革に掴まって
しばらく降りないことをしっかりアピールすることは忘れません


誰も見てなかったら絶対譲らないんだろうな
と思いつつ
見てる奴が誰もいないくらい電車が空いてたら
わざわざ譲らなくてもばーさん勝手に座ってるわ
とひとりで納得しました
意外と賢い

ははは
ばかです


小さい頃半ば強制的に父親に将棋を教わってました
幼馴染みの死ぬほどブサイクな勝ち誇ったツラを見るのが嫌で
チェスを死ぬほど勉強しました


あたしがもうちょい我慢の出来る子だったら
たぶん今頃違う人生送ってます


安易な一手を指す度父親に殴られて
自分より遥にレベルの低い人間だと信じて疑わなかった幼馴染みに
ここぞとばかりに見下されて
あたしの怒りと悲しみと熱く燃え滾る魂が生み出した必殺技が


「ヘックション!」


「ヘックション!」
の一撃で目の前の駒がそこら中に吹っ飛んでいきます
フランシスコ・フィリオ並の一撃必殺

「ヘックション!」


ちなみにファミコンの野球ゲーム「ファミスタ」での一撃必殺は

「雨天中止」

「雨天中止~!」
と叫んでリセットボタンで素早くその場から身を隠します
「雨に濡れる~!」
と叫びながら


くだらない


将棋には先手と後手があります
「あんた後手後手だね」
なんて言葉を言われると
ローキックのひとつでもくれてやりたくなりますが
何気なく暮らしている中にも
結構な数の先手と後手の駆け引きっていうのをやってるもんです


友達との会話の中にも
恋人とのケンカの中にも
レストランのウェイトレスと客の間にも


一瞬一瞬のinitiativeって言うのは
あたりまえだけどどっちかひとりが握っていて
てことは知らず知らずのうちに
片っ端から先手を取られ続けてる
って状況になってたっておかしくないんですよ


遅刻は後手
尊敬はしないが憧れてたオヤジに昔よく言って聞かされてた言葉です
「すいません」
と頭を下げることから始まる商談は勝てないと言ってました
たかが5分や10分の計算が出来ないような人間に
商売は出来ないそうです


「じゃーそれでも間に合わなくて遅刻しそうになったら?」


まず約束の時間に間に合わなくなって
焦って到着予定ギリギリの時間を告げて
二度遅刻をするくらいなら


到着予定時刻の10分後を電話で言って
10分前に偉そうな顔して現われれば無理矢理先手

だそうです






今日もあたしは遅刻する
あの角を曲がったところで待ち合わせ
吸ってたタバコを踏み消すと
そっからダッシュ


ごめ~ん


耳元でそっと
「ゴメンネ」
必殺のハングリーパピーフェイスを繰り出して
「走ってきたらなんかおなかすいちゃったな」


おっけーおっけー
これがオトナのあたしのヘックション


[20050720]
nyb_photo02.jpg


数年前まで
サガットサーベイ(世界一流のレストラン評価本)の日本版で
数年に渡って日本一のレストランという評価を欲しい侭にしていた
新宿パークハイアット52Fニューヨークグリル

↑↑↑
(なんかリンクがはてなダイアリーみたいで笑える)

半年先まで予約が一杯というキチガイレストランも
今では当日予約でテーブルが空いてたらラッキーって感じです

味が落ちたとか
サービスの質が下がったとか
そういう小生意気なことはもう言いません
充分美味しいんですよ
世の中「俺?グルメ」みたいな奴が多すぎです
もうちょっと素直になって
口に入った美味しい物を素直に
「美味しい!」
って言えば良いんですよ

偉そうな奴ほど
素直に「YES」と言えない可哀想なプライドに
自分乗っ取られてます

ランチは当日予約でほぼ席を取れます
前菜とデザートのみビュッフェですが
ビュッフェもかなりイカレてます

ナイフいらずのローストビーフから季節の野菜
ジューシーなタンドリーチキンやフレッシュサーモンまで
ウマーな前菜が死ぬほど並んでいるので
調子に乗って食いすぎると
肝心のメインディッシュを残すことになります

育ちの良い恋人は
白い大きなお皿に
充分余白を残した少量の前菜を盛っていきます

スラム育ちのあたしは
白い大きなお皿に
「日本昔話のご飯かよ!」
ってくらい死ぬほど前菜を盛っていきます

「sissy少しずつ盛って、足りなかったら取りに行けばいいんだよ」

「うっせー!なくなったらどう責任取ってくれるんだよ!」

あはは
ばかだねー
最悪です

親の顔が見てみたいよホントに

あ、あたしの親か

ビンボー人は自分の胃袋の限界も考えずに食ってしまうんで
(犬以下だね)
結局メインのお肉を泣く泣く残してました

「あ!肉に夢中でデザートのこと忘れてたよ!」
スタートダッシュだけは誰よりも速く
ペース配分ゼロでゴールに辿り着けず

ちなみにディナータイムのニューヨークグリルは
ピアノ演奏をバックにド迫力のブラックシンガーがめっちゃ歌います


[20050719]
CIMG1550killer.jpg

天気が良かったんで旨いビールでも飲みに行こうと神宮に行ってきました
外野の当日券を買ってレフトスタンドに上がって(一応ジャイアンツファン)
岸和田応援団(清原組)の席に紛れ込んで座ります

3年ほど前に神宮球場はスタンド全て禁煙になったんですが
これでタバコが吸えてたらもう最高です
今ではタバコを吸おうものなら
どこで見てるのか
着けた瞬間係員が携帯灰皿持ってすっ飛んでくるんですよ
「すいません。スタンド内は禁煙です」
いい動きします

どうでもいいことですが
東京ドームのビールは750円
狂ってます
神宮のビールは350円(夜風と夜空付き)
東京ドームのビール一杯で神宮では2杯飲めちゃうんですよ
ついでに東京ドームは年中温度と湿度が一定に保たれてるんです
ビールが一番出る気候というのは蒸し暑い曇りの日だそうです
確かに太陽がガンガン照りつけた晴れの日に
「ビール飲みてー!」
と叫んだ経験は幾度となくしてますけど
暑すぎてなかなか酒がすすまないって経験も幾度となくしてます
海なんかもそうですよね
思ったより持ち込んだビールが減らなかったり
飲みきる前にぬるくなって飲めなくなるってありますよね

当たり障りない微妙な温度と湿度を保った東京ドームもまた
すすまないうちにぬるくなって飲めなくなるちゅーことが多々あります

いやいや神宮周辺は高い建物が意外と少ないんで
左から右に吹く風が心地よかったですよ
その風に乗って清原のホームランボールも飛んできたんですが
我が子を守るかのようにさっとビールを胸元に隠しました

3回裏のキリンの攻撃で目が虚ろになり
5回裏のキリンの攻撃で足にきて
7回くらいからの記憶はございません

とりあえず巨人が勝ったか負けたかくらいは今からチェックしときます


[20050718]
午前10時なんてあたしの深夜だと言ってたオンナが
マウンテンバイクに跨って朝からそこら中を疾走しております

デパートの前を通りかかってびびったんですが
デパートって開店前に客が並んでるんですね
なんかイベントでもあんのかなと思ったら
どこのデパートも軽く行列が出来てました
「お前ら暇だなー。他にやることないのかね」
なんて思いながら眺めてきました

日傘さしてる婦人がうじゃうじゃいますね
ちなみにあたしは紫外線対策をしているのは顔だけです
SPFの入った朝用乳液と
ファンデーションに15くらいのSPFが入ってるくらいです

ファッキン紫外線

あたしはなぜか2年ほど美容部員をしていたことがあるんで
紫外線の恐ろしさは耳が腐るほど教わってました

シミシミシミシミシミシミシミ
美白美白美白美白美白美白美白

あう~

あたしはもともと美白で
シミが出来にくい肌なんで関係ありません


こんな発言してたら化粧品なんて売れないんで
あることないこと(ないことはダメだろ)紫外線の恐ろしさを並べて
この時期は集中的に美白化粧品を売ってました

ちなみにヨーロッパ諸国では
夏に真っ黒に日焼けするのがステータスだといいます
長いバケーションが終わり
真っ白い肌で会社のデスクに戻ると
休暇中にどこにも行けなかった可哀想な人
というレッテルを貼られるそうです

シミのことを考えて日傘を差すオンナより
全開肌を露出して夏を楽しむ女性が好きです

死ぬことを考えながら生きてる人もそうお目にかからないのと一緒で
太ることを考えて肉を食べない人はあんまいませんよね

シミは出来たら出来たとき考えればいい
美味しいものを腹いっぱい食べて太ってしまったら
太ったときに考えればいい

歳をとってから
あのときもっとお洒落して
バケーションを楽しんでればよかったって思わないように

どうせじーさんばーさんになったら
食べたいものもなかなか食べられなくなって
シミとかくすみ以前に
しわしわくちゃくちゃの顔になって
じーさんなんだかばーさんなんだかの区別さえつかなくなるんだから



[20050717]
CIMG1538killer.jpg


さっき網戸にカナブンがくっついてたんで
デコピンで吹っ飛ばそうと近づいて行ったら

インサイドの方の網戸に張り付いてました

「なぜ家の中にカナブンが!!!」
と叫んでダッシュで逃げました

結局共存の道を選びました
生き物を愛するsissyですこんばんわ

今日も相変わらず暑かったんで冷えた白ワインでも飲みに行こうと
代々木公園をマウンテンバイクで突っ切ってタールムまで行って来る

先に優雅にブランチしてやがった友人と合流して
生ビールと白ワインとオイスターを3つ瞬殺

「あたしはもう疲れた。リタイアします」
そう言って最近思いついた田舎へ逃亡案を話すと
「都心から近い田舎って言ったら山梨辺りよね」
と意外なことに話しに乗ってきた

「伊豆高原もいいよね?」
「強羅辺りでもいいんじゃない?」

ちょ、ちょっと待って
「湖ってのもありだよね。河口湖辺りなんか」
ちょ、ちょっと待ってください
「逆に千葉の館山とか魚美味しいよ」

旅行の計画じゃないですよ!

「じゃ、荷造りするから帰るわ」
明日から8日間のパリ出張の為にさっさと帰ってった友人を見送って
あたしは代々木公園まで戻って芝生の上でお昼寝

代々木公園は日本じゃありません
隣はゲイのカップルが芝生に寝転がって仲良く読書
後方では白人カップルが炎天下に頭をやられて激しく絡まっています

近くで四葉のクローバーを探してるらしい日本人カップルがいて
何気に顔の横あたりのクローバーを見たら
いきなり四葉いました
「これあったからあげますよ」
って女の子のほうにあげました

また寝転がって寝返りすると
また四葉いました
こんだけ四葉に遭遇すると
気味が悪いちゅーか
希少価値下がりますね

グリーンの香りが鼻に優しくて
静かに流れる時間が心地よくて
寝ている間に風向きが変わったらしく
噴水の水がスコールみたいに降ってきました
「うわ!きたね!」
ぷんぷん怒りながら帰ってきました

そんな日曜日


[20050716]
nye_hachiko.jpg


「行きたい国は?」
そんな質問されたって
「南の島!」
なんて言わないからな

「大都市!大都市!大都市!」

こう答えるとだいたい聞いたほうはしらける

「ネオン!ネオン!ネオン!」

「クラブ!バー!クラブ!レストラン!バー!パーティ!」



あたしはアホか


「あんたそれ全部東京にあるじゃん」

「東京じゃ見れないネオン!東京にないクラブ!東京じゃないパーティ!」


海は大好き
山も好き
あたしはそんなケミカルじゃない

でも海の上にバーはないし
山にあたしを惑わすキラキラネオンはない

最近東京砂漠を彷徨いながら思うことがある
排気ガスがカラダに堪える
人込みの中で発狂しそうになる
雨上がりの排水溝からの激臭にぶっ倒れそうになる
クソみたいに渋滞した246の騒音に頭がイカレそうになる
人の声が耳障りな雑音に聞こえてくる

おいおいヤバくないかこれ

生粋の東京っ子で
東京っ子たる自分が誇りで
(ただそこに生まれたってだけなんだけども)
当たり前のようにコンクリートの校庭や
変わらない信号や明け方のカラスを愛してきたんですが
これが全くなくなったところで生きるっていうのはどんな感じかなと
まー色んな意味で3日もあれば軽く死ねそうですが
車も人も排気ガスも騒音も悪臭もないとこに行きたいなと

ということでパソコンと煙草とお酒だけ持って
「もうこんなとこ二度と来るか!」
と思うまで過ごせる場所を今真剣に探してます

ははは


ちなみにあたしのメンタルは今のとこまともです




[20050716]
1597047008.jpg



久しぶりに会った親友は
近い人に不幸があったらしく
だいぶ参ってる様子で
気の利いた言葉ひとつ掛けられない自分がなんとも情けなかったけど
美味しい中華を腹いっぱい食べて
シャンパン飲みながら
くだらない話しにゲラゲラ笑っていたら


「なんか元気になったよ」


と言われた


たいしたことは本当になにもしてないんだけどね
親友の笑った顔に
こっちが慰められて
まいっちゃったよー


niu


ニウって読むのね
可愛い名前のくせに
時代錯誤のぴかぴかバブリーゴージャスな内装の
うっまい中華を食べさせてくれる素敵な店でした


大切な人と食う飯はウマイ
大切な人と飲む酒はウマイ
大切な人にはいっつも笑っててもらいたいよ


[20050715]
b0050174_0595623.jpg


よく「釣った魚に餌はやんない」ってオトコを責めてるオンナがいるけど
責められるのはオトコばっかじゃないんだよね

付き合ったばかりのころはあんだけニコニコ笑ってたのに
今はいつ見ても仏頂面
笑顔を見るのは欲しがってたものをプレゼントしてあげた時くらい
すっぴんで現れることのが多くなったとか
だんだん態度がデカくなるとか
ペディキュアどころかマニキュアが剥がれてるとか
食事の後にご馳走様を言わなくなったとか
助手席で爆睡されるとかとか

挙句の果てには
六本木ヒルズで回し蹴りをかますオンナまで出てくる始末

そうこうしているうちに
脳味噌は少々足りんがニコニコ笑うカワイコちゃんに
恋人をさらわれたりする


結局これは怠慢で
こういう基本的なことを忘れてしまうというか
こういうことを疎かにしてしまう人間は
オトコもオンナも好きじゃない

このタイプの友人が
「他のオンナに恋人を取られた」
って泣いたって
彼ばかりが責められる問題じゃなかったりしてね

レストランを出てしばらく歩いたところで
「う!ご馳走様すんの忘れたよ!」
って思うことは正直多々ある
それでも遅ればせながら
「ご馳走様!美味しかった!満足!ありがとう!」
そう言ってみる

2年経っても3年経ってもデートの前は
クロゼットをひっくり返して服をとっかえひっかえして
ドレッサー、クロゼット、姿見の前を行ったり来たり

なんでもない日にサプライズプレゼントをしてみたり
長距離ドライブの帰り道は助手席で長州小力の物真似をして
ムダ毛の処理は冬でもきちんと手入れをする

今日一日何回ありがとうって言えたかな?
って考えてみる

そういうささやかな心使いが
オンナにもオトコにも2人にとっても居心地のいい
決して伸びたパンツのゴムみたいにはならない関係を作るんだと思う



[20050715]
blahnik.jpg


ピンヒールと恋に落ちて
軽く10年を超えるsissyですこんにちわ


知っておられる方にはいい加減しつこい感じではありますが
あたしはピンヒールが大好きで
何年経とうがその細さに魅了されてるわけなんだけど


エロイです


ほんとにエロイんです
いやまじまいります


でっかいオンナのね
全体重をあんな華奢でほっそいヒールが支えてるって思っただけで
エロすぎて悶えます


まぁピンヒール履いてるときに踵に体重なんてかけませんが




昔ね
って「昔ね」なんて発言できるほど長く生きてるわけじゃないんだけど
「ピンヒールは高級な車の助手席に座るオンナのための履物なのよ」
なんてぬけぬけと偉そうなことを言っておきながら


いつまでたってもピンヒール履いて
地下鉄の長い階段を猛ダッシュで駆け抜ける
人生せつないsissyです
正直やるせないんです


歩きたいならスニーカーを履けばいい
ビーチでビーサンは最強だし
立ち仕事なら5㌢ヒールでいいと思う
でもオンナでいたかったらピンヒールを履いたほうがいい
(ってまたエラソーなこと言ってるよ)




中国には昔纏足って風習がありましたが
あれは子供の頃から
女の子の足の指を内側に折って布でぐるぐる巻きにして
オトナになる頃にはサイズも大きくならないし
腐ってまともに歩けなくなるっていう残酷な風習と言われていましたが
あんまり貧しい家ではその習慣がなかったと聞くので
奴隷の自由を奪ったり逃げ出さないようにするための纏足ではなくて
実際は、言葉は悪いんですが
よたよたと爪先立ちして歩く女性を見て楽しむような
そんな習慣だったみたいです


ヨーロッパでは
今のヴィヴィアン・ウエストウッドのコレクションを見てわかるように
スキージャンプ競技のジャンプ台並の傾斜をしたピンヒールを
日常的に履いていたようですし
日本の舞妓さんも一昔前のギャル並の厚底履いてますね


女性の頼りなげで危なっかしい足取りっていうのは
今も昔も万国共通セクシーなんでしょうか


というか頼りなげな千鳥足なら毎晩惜しまず披露してるんですが
誰も目もくれません


それってどうなんでしょ




まーそんなことはどうでもいいんですが
ハイヒール履いた女性が爪先立ちするその足のカタチが
「セックスでイッた時の足のカタチに似てるからセクシーなんだ」
と女性評論家でもあるリリー・フランキーさんが
どっかの雑誌で言っておりました。




部屋の中ではミュールのピンヒールを履いています
スニーカーを履くと目線の低さになんか不安になったりして
ピンヒールに背筋を伸ばされて
素足でいるよりココロを楽にしてくれる今日この頃だけど
かっこつけて歩いてるときばっか


ピンヒールがマンホールの穴にハマるのはなぜでしょうか


あれはなんとかなりませんか?
街中で突然はだしになっちゃりして
振り返るとマンホールにヒール刺さってるし




とりあえずいつまでもピンヒールで颯爽と歩くオンナでいたいですね


マンホールに刺さったヒールを颯爽と引っこ抜いてね


1aaeccc190aa5db70adc5372f785b64e.jpg



セクシーなヒールを世界中のレディに提供し続ける
世界一のセクシーな男性
Manolo Blahnik




ちなみに先日買ったマノロの11センチヒールは
おろしたその日に酔っ払って走り回ってヒールがポキンと折れました
まだ立ち直れてません



[20050714]
kihachi_aoyama1.jpg


今日のランチはKIHACHI
ぶっちゃけまぁまぁでした

PRONTで食べる680円のモッツァレラチーズとバジルのパスタは
「美味しい!最高!」
って言いながら食べるのに
どうしてKIHACHIやその他一流店で食べるパスタは
ちょっと味が落ちただけで
「うむ。まぁまぁかな」
なんて偉そうなことを言ってしまうんでしょ
ただでさえ美味しいプロントのモッツァレラチーズとバジルのパスタより
遥かに美味しいのにね

値段はそりゃ確かに違いますが
お金のことを考えながら食ってるわけじゃないのに
どうも口で食うより脳で食ってるような感じがして
「うむ。今日もまぁまぁである」
なんて言ってるクソ生意気な自分を殴りたくなってきました

殴りたいと言えば
今日隣のテーブルにいた親子連れ
たぶん4つか5つくらいの娘がどエライ可愛くて
「可愛ええな~」
なんて見てたんですが
あたしたちが席についてワイン飲んでる間に食事は終わっていたらしく
「こちら当店からのサービスデザートです」
なんつってチョコレートソースがかかったアイスクリームが
隣の席のどエライ可愛い娘に出されてました

「可愛い子供は得だね」
「大人になってもね」

なんて話してたんですが
その娘
「これは何味のアイスクリームですか?」
なんとも子供らしからぬトーンの低い声
「ソルベがよかった」



ソルベ!



思わずワイン毒霧並に吹きました





子供がまた嫌いになりました


はは

はーはー
[20050713]
img1062837104.jpg


1秒で100秒分考える




100秒どころじゃない




僕のあたまは円周率




恋人が電話に出ないとき
とても嫌な気持ちになる
と同時に不安になる


他の男と何かしてるんじゃないか


その後に
泥棒が家に来て電話どころじゃなかったらどうしよう
コンビニに行く途中に事故にあったんじゃないか
恋人の住むエリアだけ大地震が起きて死んだんじゃないか
酒瓶を握り締めたまま死んだんじゃないか


この時点で僕の中では恋人は既に死亡したことになる


もし何かあって病院に担ぎ込まれたら僕に連絡は来るのだろうか
記憶喪失になっていたら僕を思い出すだろうか


様々な悪夢を瞬時に考える僕の脳味噌は
正直凄いけど
こんなことでフル回転して欲しくないのが本音




だってこんなに考えても


いつも寝てたとかシャワー入ってたとか酒飲んでただけとかで






ほら今もかかってくるんだ電話が










あたしにはこんな恋人がいる


あたしはここにいるよ?
心配しないで


あたしはあんたが思う以上にタフなオンナで
あたしはあんたが思う以上にあんたを愛してるって知ってる?


コンパとか男とか金とか酒とか酒とか酒とか
不安材料は山ほどあるけど
あたしが愛してるんだから
幸せにするって言ってんだから
ちったー我慢しなさい




HALTE「アルテ」のデザインテレフォン「MOMA」
上の画像です


これ昨日青山三丁目のインテリア雑貨の店で見掛けて
買おうか迷ったんだけど
あたし携帯なんで必要なかった


[20050712]
bridgetl005ki.jpg


沈殿したアルコールを抜くために
非常識な熱さのお湯を張ったバスタブに浸かって
あやうく溺死しかけたsissyですどうも無事生還しました


先日頂いた
ヴィクトリアシークレットのボディクリームを塗ったんですが
あたしのカラダ
叶美香ばりに光ってます


いやぶっちゃけ
さっき鏡に映った自分が
一瞬全身オイルを塗った井出らっきょに見えて怯みました


叶美香で思い出したんですが
こないだ雑誌に載ってた美香さん
あたしと同じドレスを着てますた
まったく別物ですた
相変わらずカラダめっちゃ光ってます


ヴィクトリアシークレットといえば
アメリカ成人男性が
恋人に贈りたいものナンバーワンの下着メーカーですが
アメリカ男性は恋人にセクシーな下着を贈るために
普通に単独下着屋に乗り込んで行きます


俺買う→彼女着る→俺興奮する→俺嬉しい


「お前バカだなー」的かなり単純な原理ですが
オンナからしてみれば


貰った下着着る→こいつ超喜んでる→こういう趣味ね→おっけーおっけー


こうなるわけです
ダイレクトにオトコの趣味がわかるわけですよ
極端な話し
オトコがどういうものを求めているかを向こう側から示してくれると
セックスアピールがうまくなるんだね


ニッポンのオンナにセックスアピールが足りないとは
ニッポンのオンナとしてあんま言いたくない
でも人のせいに出来ることはいいことです


ニッポンのオトコは結構色んなものを求めるんですが
いざ付き合い始めると
その付き合いが長くなればなるほど
恋人にセックスアピールより母性を求めるように思います
シースルーのTバックと引き締まったケツより
味の締まった煮物に畳んだ洗濯物ですよ


セクシーな彼女より家庭的な彼女ですよ


アメリカ男性こそめちゃめちゃマザコンだったりします
母親のような女性を求めるのは世界共通ですが
やっぱり美意識とエロ意識が
高い位置で育まれているお国柄のママ達の息子は
いつまでもオンナ度を保つ母親像を求めるんじゃないでしょうか


あたしの死ぬほどある座右の銘に
「エロがオンナを育てる」
ちゅーのがあるんだけど


エロの場合、まず第一にオトコありきなんで
「オトコがエロを育てる」
んですよ


別にエロイ彼女なんていらね
と言われたら返す言葉もございません


お前は一体何が言いたいんだと言われたら


肉じゃがなんて作れねーんだ
部屋がきたねーんだよ
家計簿はつけられねーけど
Tバックのケツからイイ匂いがするんだ悪いか!


誰もそんなポイント褒めてくれないから
母性のない自分をフォローしてみたかっただけだよコノヤロウ!


あひたママににくひゃがのつくいはらおひえてもらいまふ


[20050711]
19tokyo.jpg


たまに
「東京の人間は冷たい」
とか
「都会の人間はみんな同じ」
とか
「東京の風は冷たい」
だとか言われる

あたしの友人にも
会う度これと同じセリフを言う奴がいる
毎度毎度こういうことを言われると
このセリフを言うことで彼的になにかを発散させているのか
ただの口癖なんだろうと思って
いちいち歯向かってたあたしも最近ではほっとくことにした

東京に生まれてこういうことを言われるのは正直心外で
ちょっと悲しい

東京は地方から出てきた人が作った街だと思うんですが
例えば家族から離れてひとり地方から上京してきた人が
脇目も振らずに一生懸命生活してきた
そんな人達の集合体が東京で
冷たいのは江戸っ子じゃない
隣近所におせっかいしてる暇なんてなかった人達が冷たいんだよ

流行のレストランで
「東京生まれのひと手挙げてください」
って言ったらたぶん数えられるくらいしかいないと思う

チャラチャラしてんのも
冷たいのも
「東京の人間」
じゃなくて
そんなこと言う奴の隣近所だった人間だよ

下町のお母さんはどこも強烈です

まーたまにはいる
流行のレストランで威張り散らすのが好きで
クラブの入場制限が嫌いで
冷たいオンナと呼ばれることに喜びを感じ
なにかと差別化を図ってもらいたがりの東京っ子が

今日もいちいちイケてないsissyです


[20050711]
106killer.jpg


変態仲間であり親友であり
変態デザイナーでもあるあきらちゃん(仮名、いや実名)と
天気も良いしランチでも行くかという話しになりました
あたしはウェンディーズでチーズソースを死ぬほどかけた
ポテトフライが食べたかったんだけど
変態がどうしてもサンドウィッチな気分と言うんで
いつも優しいsissyは
「じゃ、14時にバンブーで」
と言うと
「混んでるからやだ」
と言われてリナスに14時半になりました

ファッキュー

リナスのテラスで
あたしはライ麦パンにローストビーフ
それから白パンにチキンとベーコン
おかわりして白パンにアボカドとトマト

<
font color="#00FF00">「あんたちゃんとゴハン食べてる?」
「うっせー余計なお世話じゃハゲ!」


最近開発したバーの話しをして
近所に出来たプラモデル屋の話しをして
昨日の夜がどれだけ楽しかったかを聞いてました

土曜の晩に友達夫婦とベビーと共に
部屋でミルクティーを飲んでいたことは
口が裂けても言えませんですた

あきらちゃんとあたしはちょうどひとまわり違うんですが
あたしたちの今年の干支は
「人が集まり、人が人を呼ぶ」
と言われるそう

今年の正月に3人のチーム巳年がひとつのテーブルに集まった際に
「なるほどね。じゃあ飛躍の年になりそうね」
なんて言ってたんですが

変態モデルのキヨは呼ばれて集まった人達に
借金しすぎて失踪中

あきらちゃんといえば
「ロクでもない奴と付き合うとロクでもない奴が集まってくるんだ」
と人間関係の更なるレベルアップを図って切り捨てに入ったらしいんですが
「切り捨てたら誰もいなくなった」
と言ってました

ははは
バカです

あたしはあたしで
運勢とか占いちゅーのに全く興味がないんで
なにに振り回されることもなく
あいかわらず呑気に毎日を送っています

正直sissyと一緒にいて
僕の何かがレベルアップするわけじゃないけど
そこは強調していうけど
sissyはいつも変わらない
朝早くでも夜遅くでもどんなときでもいつも変わらず笑ってるから
切り捨てるとかキープするとかじゃなくて
一生物だよ
そういう人がそばにいるってダイジだよね


しってる?
そういうことをあたしに言ってくれるあきらちゃんが
あたしの一生物なんだよ


なんかきもちわるい感じになってきたなと思ったら
ふたりでハイネケン7本も飲んでました


気付けばただの酔っ払いの馴れ合い状態



[20050710]
11.jpg


恋人が出来ると音信不通になる友人がいる
人のこと言えないんであんまり無碍に責められません


別れたとたんなんでもない顔して戻ってくる親友を
何も言わずに迎え入れるあたしたちはあんたの実家か


恋人が出来て消えるちゅーのは
むしろ向こうが望んで消えてる感がありますが
結婚だとまた違くて
嫁にいく親友とあたしたちの関係は
とたんに独身、既婚の壁が立ちはだかって
「妙に気を使っているうちに疎遠になっていく」
っていった表現がしっくりきちゃう関係になってしまう


結婚して2年目の親友に昨夜1年ぶりに再会して
青山の蕎麦ダイニングで軽い食事
親友と
旦那さんと
8ヶ月のベビーと
誰かのベイビーであることを望む幼児体質が抜け切らないあほなオンナと


軽く近状報告
「相変わらず深夜ほっつき歩いて酔っ払ってるわよ」
「もうハイハイして目の届かないとこにいっちゃうのよー」
「こないだなんか口にウロコが・・・」
「こないだなんかおばあちゃんがこの子を・・・」


そりゃ話し合わんわ!


「そうそう、ヒロもこないだ結婚したのよ」
「まじで?」
「5月にハワイでね」
「ワイハだと!」
旦那さんはあたしが彼女と通ってたダイニングバーのオーナー
ヒロとは旦那さんの弟のこと


「あっくんも結婚したって、この間奥さん紹介された」
「結婚ブーム!」
「田舎臭い感じでいまいちでした」
「よし!」
あっくんは彼女の元職場の同僚


「みんな、あんたがふったからよ!」


あたしは結婚までのツナギかい!

まあこんな最低オンナに思う存分振り回されたら
次に付き合う恋人が
そうとう悲惨な状態でもなきゃみんな天使に見えるんだろうな


「sissyは結婚しないの?」
「当分しないと思うよ」
「少し資金出すから事業でもはじめたら?」


ぎゃー
うるせー!
結婚以外の人生設計を勧めるな!



23時を過ぎて
8ヶ月のベビー連れてるし
そんな長居はしないだろうと思ってたのに
「あんたの新しい部屋を見てみたいわ」
の一言で
23時半に入れてたミスターモルガン・スタンレーとのデートも
深夜に集まって騒ぐ予定だったオカマ仲間との約束も
全部キャンセルして
部屋でミルクティ作ってさしあげてました


「大丈夫?予定ない?」
な、ないわけがない
「うんうん。久しぶりだし。おっけーおっけー」




結婚すると
あたしたちにとって土曜の夜が
どれくらいダイジだったってことも
忘れてしまうのか


[20050708]
37killer.jpg


「じゃあとりあえず生ビールとウーロン茶で」


あたしの前に置かれたウーロン茶を向うのビールと交換する




「なんでメールすぐ返さないんだよ」

とスネる恋人をなだめる夜




帰りのコンビニであたしのビールと恋人のコーラを買って帰る




枝豆をツマミに野球中継

片尻上げて屁を一発




ベッドではにかむオトコを押し倒す




あぐらをかいてタバコを一服







あたしって男前だなー

ヒューヒューかっこいいぜ




ヒューヒュー




ヒュ


[20050708]
72640.jpg


寝起きから焼肉が食える非常にタフな胃袋の持ち主sissyです
嘘です
ぶっちゃけもたれてます


昨日の朝ごはんは今半でスキヤキ食ってました

「朝ごはんをしっかり食べないと脳味噌がちゃんと働かないのよ」
とどこの子供もお母さんにそう言われながら育ったと思うんですが
どうして人は大人になると朝ごはんを抜くようになるんでしょうか
そういう人に子供が出来たら
朝食を出さずに学校に行かせるんでしょうか


朝食をしっかり食べる生活をしていると
午前中の脳の働きは確実にアップします
お母さんテキトーなことを言ってたわけじゃありません
ちなみに女性は朝ごはんをしっかり食べると確実に痩せます
朝の一番忙しい時間に朝食を摂る習慣を身につけるということは
余裕のある人間を作るということにもつながると思う今日この頃です


今半の話しに戻りますが
お寿司や懐石料理なんかに
「松」「竹」「梅」
のクラス分けがありますが
素直に「梅」を選べないみじめったらしいプライドがあります
鼻も高いがプライドも高いです


「ま、松で・・・」


あぁあたしの孤高のプライド死んでくれ


今半では普段特上のお肉を頼むんですが
昨日あらためてメニューを見ると「極上」つーのがありました
「ご!極上!!」
極上ってネーミングも人を馬鹿にしているようで笑いましたが
値段もかなり人を馬鹿にしています


焼肉屋でカルビを食べ続けることが困難なように
寿司屋で大トロを頼み続けることが
胃にも板前にも大変ヒンシュクを買うことに気付くように
極上なんて頼んだら
きっと胃にも財布にも痛すぎるつー大義名分の元
見なかったことにしました


昨日は七夕でしたね
FC2の新着タイトルを見ると
どいつもこいつも「七夕」「七夕」って
意地でも「七夕」なんてタイトル付けるか!
と心に決めたんですが
もう8日になってました


今半では粋な計らいをしてました
テーブルの上にサーモンピンクの短冊とペンが置かれてあって
「あなたの願い事が叶いますように」
と言葉が添えられてました
「そんな!肉屋に願い事ってどうなんですか実際!」
なんて言ってたんですが
真っ先にペンを取ると
「極上を2、3枚!」
とだけ書かせていただきました


願い事叶いませんでした


七夕は織姫と彦星の1年に1度の逢瀬の日だといいますが
あたしなら
1年に1度しか逢えない恋人なら
毎日逢える恋人を探します




それにしてもひどいなこの記事
話しがそれすぎて戻れなくなった


[20050707]
Mermaid20Divers.jpg


年下のオトコは趣味じゃない
と言い続けて20数年



年下のオトコも悪くないな
と言えちゃう年頃になってきました



いやいやあくまでも「悪くない」であって
「良くはない」ってことを強調したい

誰かのおんぶがいちばん心地良い
まだまだお子様sissyですどうもおはようございまちゅ



ハブ酒っていうのがありますが
昨夜友人のレストランで厨房からこっそり運ばれてきた特別ゲストが
そのにょろにょろハブ酒ちゃんでした


ハブ酒を前に友人が
「これと焼酎を交互に飲んだらエライ酔ったよ!」
と言ってましたが
ハブ酒を飲んでりゃそりゃなに飲んだってエライことになるわ
と思いました


お酒は楽しく飲むのがモットーなので
あまり周りと競ったり
ガキの一つ覚えみたいにテキーラなんぞに手は出しません
なのでテーブルの上のハブ酒は観賞用に楽しんでいたんですが
最近お気に入りのコウタ君(仮名、いや実名。大学生)が現れた瞬間に
浴びるようにハブ酒を飲み始めていたあたしは
一体自分のカラダに何を期待したんでしょうか



わはは



すまん



正月に叔父さんの家で出されたハブ酒を
ほとんどひとりでからっぽにしたことがあるんですが
帰りの車の後部座席のウィンドウから顔だけ出して数回リバースして
自宅に着いて車のボディを確認したら
車からウロコが生えてたことがありました

「見て見てパパ!車からウロコが生えてるよ!カッコイイ!」

と言って殴られた苦い記憶があります



明け方便器からウロコ生えてました



最近お気に入りのコウタ君(仮名、いや実名。大学生)は
「sissy顔からウロコが生えてるー!」
と言って口元のウロコを取ってくれました


そろそろ言わなきゃいけない時が来たのかもしれない


あたし実は人魚だったのよコウタくん


陸にいすぎて苦しい!


ちんこうこきゅう


ちんこうこきゅう


HOME NEXT
copyright © 2005 きられないぶろぐ all rights reserved.
RSS1.0 ,
CALENDER

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

THANX

過去ログ

LINK

8831gifbl.gif

LINK2

このブログをリンクに追加

RSS

BLOG SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。