sissy



都会の夜景と酒を愛してます
ただの酔っ払いの殴り書き

あたしはスケベで
自由気ままで
あなたの男友達のような
女友達だよ

あまりにも
知り合いに教えすぎて
自爆中

100年の眠りから覚めました
どうもsissyです

JAPAN TIME

NEW REPORTS

NEW COMMENTS

NEW TRACKBACK

KATEGORIE

POSTMAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

ADD

ADD TO FRIEND

BLOG BANNER


ちょっと浮かれすぎた
きられないぶろぐ
KILLERLEGS PLAYLIST.COM


[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20061229]
red.jpg

ねぼけまなこで
枕元に転がってる携帯を掴む

新着メール1件

sissy
昨日は最高の夜だったよ
感動的に楽しかった
生涯忘れられない夜になったよ
ありがとう


3回ほど読み直す

RE:sissy
どなたか存じませんが
あなたの言う
その最高の夜の記憶はありません


送信完了

また枕に顔を埋めて
はっとして
あたしは毛布を捲る

今日もまた
あたしは服どころかブーツまで履いている



スポンサーサイト
[20061227]
クリスマスイヴの朝に
目が覚めたら知らない男が隣で寝てた

eve.jpg

まあそんなことはどうでもいいんだけどね
あたしの下半身は無事なのかって
ヘヴィーな二日酔いの体を叩き起こして毛布捲ったら
服どころかブーツまで履いてた

あたしの隣で
服どころかマフラーまで巻いてる男が目を覚まして

「ここはどこだ」
と聞くから
「お前は誰だ」
と聞き返す


[20061205]
twilight-of-the-gods.jpg



刑事さん
僕のしたことは犯罪ですか
じゃあこのひとがしたことは犯罪ではないんですか
ひとの心を散々踏みにじって
こんなにひどいことをする彼女に罪はないんですか


今思えば
これこそがまさに
あたしの原罪なのかな
と思う



最近ベストセラー小説原作のテレビドラマ化が多いね。特に最近って話しでもないか。
あたしはそんなテレビドラマって見ないんですけどね、それが自分の読んだ小説のドラマ化だったりするとやっぱ気になっちゃいますね。
登場人物や季節や風景を思い描きながら読み進めていくわけだから、どっちが正解ってものでもないんだけど、あたしのイメージしていたものと映像とどう違うのかなって。あの役にはあいつがハマリ役だと思うんだけど誰が演じるのかな。あたしの思い描いた景色と同じものを映像で見れるのかなってね。
そういうわけであたしは先に原作派なんですよ。
「映像化→原作」じゃあダメなんです。
昔ね、マガジンかなヤンマガかな。「ぶっこみの拓」ってヤンキー漫画の連載があったんですけどね、あたしの親友があれを毎週楽しみに読んでたんですよ。どのくらいかな。2年くらいは連載の続いた漫画だったと思うんですけど、連載と同時進行で出る単行本(あー単行本でいいの?)も揃えていってね、ついには連載終了と同時に出た小説まで買って読んでましたよ。
ほろ酔いで彼女の部屋に帰ってね、ベッドに並んで横になってぷかぷかタバコ吸ってるあたしの横で黙々と「ぶっこみの拓」文庫本を読んでた彼女を今でも鮮明に思い出せますよ。「ヤンキー小説?うけんね。不良なの?真面目なの?知的な不良なの?すでに知り尽くしてるストーリーをまた活字で読み直すって凄いわね。オエー」「うるさいよ」ってね。
まあそんなことはどうでもいいんだけどね、最近テレビ朝日で放送された三浦綾子原作の「氷点」。それがどうしても見たかったんですよ。
でもね、あたしは原作を読んだことがなくって、ルールは曲げない頑固なあたしはすぐに本屋さんに飛んで行って「氷点」上下巻「続・氷点」上下巻を買って来ましたよ。
ちなみにあたしが氷点を読み終えたのはドラマ放送の5日後でしたけど。えへ。

氷点
三浦綾子

hyouten.jpg


この本のテーマになってる
「原罪」
原罪とはなにかというと
わっかんないけどね
法では裁くことのできない
ひとの心の中に巣食う罪と言ったらいいのかな
宗教的な感じがしないでもないけど
妬みや憎しみや嫉妬心や自己愛
とでも言ったほうがいいのかな
ちなみに「原罪」を大辞林で調べるとこうある
キリスト教人類が最初に犯した罪
アダムとイブが禁断の木の実を口にし
神の命令に背いた罪
アダムの子孫である人類はこの罪を負うとされる


「氷点」では
主要登場人物の陽子が辻口家にもらわれてきてから
17、8歳になるまでの間
誰もが持つあらゆる原罪が重なり合って生まれる不幸を描いた作品
テーマは重いけどよく出来た昼ドラを見ているような感じ?

原罪を持たないものは誰もいない
それに気付かず誰かを殺しながら生きていくのか
そこから目を逸らして生きていくのか
はたまたそれと向き合い晴れることない自らの罪に苦しむのか
その選択肢はどれも重いね


冒頭の言葉
どうでもいいけどね
あたしはね
「死ぬとは思わなかった」
と弁明する殺人犯が憎いのと同時に
これだけ心を傷つけたんだから自分のしたことにはなんの非もない
という考えがそれ以上に憎いんですよ
憎いというか軽蔑に近いんですけど
でもこの本を読んでから
法で裁かれこそしないがそれらの罪と同じか
それ以上の罪が自分の中にもあるんだということを
少しだけ学びました


HOME
copyright © 2005 きられないぶろぐ all rights reserved.
RSS1.0 ,
CALENDER

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

THANX

過去ログ

LINK

8831gifbl.gif

LINK2

このブログをリンクに追加

RSS

BLOG SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。